お家売却したい!!まず何をする??③自己資産確認


我が家は1馬力のサラリーマン世帯になります
親からの援助もありません
そもそも2軒目購入なわけですから言うのも烏滸がましいので
今回は売却&購入が決まり次第伝えました

売却のあとは賃貸物件やお家買うならそのお金が(保証金)必要ですよね❗️❗️


それでは③にいってみよう〜〜

自己資産の確認

■生活費も見直すと良い
この機会に家計の見直しをオススメします
後々解約や住所変更の手間も省けて先にしてると楽ですよ!

■住宅ローン残額把握
銀行の返済書類を確認してください

■貯金
銀行を複数持ってる場合はこれからも使う銀行に絞ると良いです
お金が散らばってると把握しにくいですからね

■お引越し費用

■家具の買い替え
我が家は子供達のベッドと机は2つずつ(今回成長したので大人っぽい物に一新)、
ダイニングテーブルセット、エアコン3台購入、持っていくエアコン2台分クリーニングと移設代
※取り外して処分などを入れて、新居での取付け工事もかかりました 
全部で概算80万ほど💦

■子供用品(体操服、制服など。地域でも違うので注意) 
意外と安くて7万で済みました
全部指定じゃない柔軟な学校でよかった


■仲介手数料

法律で決まってます  

売買価格が400万以上だと

(売買価格×3%+6万)×1.1(消費税率10%の場合)

例)3000万だったら96万+消費税で105.6万になります

こちらは売買契約で50%、引き渡しの時に50%と2回に分けて支払いました

売却が決まり売買契約の際に相手様より保証金(簡単に解除されないように100万が相場)を払ってもらいます

※相手の不動産より80万でお願いしますなど交渉もあります、柔軟に対応してくださいね!

我が家は保証金より仲介手数料を支払うのでこちらからは用意しなくてOKでした


引き渡しの際は、買値がそのまま銀行に入ります

引き渡しはこちらが新居に引っ越したあと、旧居を空にして見てもらい銀行で手続きになります。新居の購入・火災保険の手続き、お引越しの手配、旧居の引き渡し日・旧居の火災保険解約手続きの日程調整は結構大変でした)

■新居の火災保険10年と売却の家の火災保険
(返金戻り29万ほどありました)
売却からプラスでお金が残ったので
ローンの精算後、残り半分の仲介手数料もそこから支払いました

こちらも予めの準備は必要ありませんでした!

※あくまで我が家のケースなので、不動産業者に流れや金額の支払いはしっかり確認されてくださいね


高い仲介手数料をとる会社もあるそうなので注意です

仲介手数料とは別に支払いがまだあります😭(どんだけ払うのよ〜)

■印紙代
■登記費用の抹消

■境界標が一部消滅してたので復元 ←12万かかりました( ; ; )
売主が隣接してる全部のお家に境界線や境界標の確認が必要です
メモでいいので
例)2023年10月23日斜め裏のお宅田中さん確認済みと記載しておきましょう

我が家の場合、5人の確認が必要で面倒だなぁーーーって思いましたが
買い手から境界線について主張しても、以前から住んでる方の主張が通ってしまうという
何とも不可思議なことになるそうです

後々のトラブルを回避すべく売主の責任なのでされてくださいね
※売却が決まりそう&決まってからで大丈夫です!

■住宅ローン繰上げ返済手数料 
一括で支払うなら事前に2〜3週間前に連絡しないと手続きできませんよ!
不動産がやってくれますが、確認の電話や結局根回しの電話などこちらがしないといけません

5000〜8000円ぐらいでした。銀行によって手数料は違うので要確認です


あとクリーニング代とかも入れる方もいますね
仲介してくれた不動産がやってくれたりもします


よ〜く考えようお金は大事だよぉ〜〜ル〜ル〜🎶(某CM)
本当に大切だなぁ・・・って切実に思いますが我が家子育て世帯30代
そんなに貯金がない部類に入ると思いますが何とかなりました!!

結論

ある程度お金の流れを把握することがとっても大切!
住宅ローン以外にまた足りなくてローンなんてことにならないように
しっかり計画した方が良いです
そして、想定内の出費と想定外の出費に備えて貯金額で賄えるようにしましょう✨
我が家の想定外の出費はエアコンの移設費用がプラスで結構かかりました!
面倒くさいけどぼったくりに遭わないように、面倒くさいけどお見積りをしてください

家庭によって支払うことが変わってくると思うので、その辺りを把握されてくださいね🍀